スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ:タミフル効かない…昨冬の発生率、県内が突出 /鳥取

インフルエンザ:タミフル効かない…昨冬の発生率、県内が突出 /鳥取


感染ルート調査へ 別の薬も備蓄進める--知事が議会答弁治療薬タミフルが効かないインフルエンザの県内発生率は昨冬、他都道府県と比較して突出して高かった。このことについて平井伸治知事は9日、県議会本会議で感染ルートを調べるため疫学的な調査に乗り出す方針を明らかにした。森岡俊夫議員(無所属)の一般質問に答えた。県健康政策課によると、国立感染症研究所の調査で、タミフルに耐性を持つAソ連型インフルエンザが、県内では68株中22株見つかった。全国では1734株中45株で、全国平均は2・6%。島根県は1・2%でしかない。県内の32・4%は突出して高いが、原因は不明という。耐性は、タミフルを服用したことから生じたのではなく、ウイルスの遺伝子が変異したことによるものとみられ、県東部と中部で多く見つかった。症状は通常のインフルエンザと同じで、予防接種は有効という。県は今冬、これまでの小児科8医療機関だけでなく、内科6医療機関にも協力を求め、例年の2倍にあたる約200検体を集めて調査する方針。患者に渡航歴や感染状況を尋ね、感染経路も調べる。また、新型インフルエンザ対策として、別の坑インフルエンザ薬リレンザの備蓄も進めていく。平井知事は「非常に憂慮しているが、パニックになる必要は全くない」と話した。

[引用元:Yahoo[鳥取(毎日新聞)]]


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : インフルエンザ タミフル効 感染ルート調査 議会答弁治療薬タミフル 県内発生率 他都道府県 平井伸治知事 県議会本会議 森岡俊夫議員 一般質問

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。