スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県は非常勤100人雇用

新潟県は非常勤100人雇用


急速な景気後退で離職者が相次いでいる問題で、新潟県は、県内在住の離職者100人程度を来年1~3月、非常勤職員として採用する方針を決めた。本庁や県内12カ所の地域振興局や県立病院などで、事務作業や家畜の飼育、看護補助を担当する。新潟労働局などで同日、設置した「緊急雇用対策新潟本部」の初会合で泉田裕彦知事が明らかにした。応募条件はハローワークを通して求職中の県内在住者。年齢や学歴は問わない。平日午前9時~午後4時の6時間勤務し、日給5790円。図面の作成などの事務補助が中心だが、県畜産研究センター(三条市)では牛や豚の飼育を手伝う。受け付けは本庁が26日から、各地域機関は1月5日から。応募多数の場合は追加募集を検討する。県人事課は「政府の2次補正予算が出れば、来年度は本格的な雇用対策を実施する」と話している。

[引用元:Yahoo[新潟(産経新聞)]]

ハローワーク龍野の求人情報 ハローワーク相生の求人情報 ハローワーク柏原の求人情報 ハローワーク篠山の求人情報
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

tag : 景気後退 県内在住 非常勤職員 地域振興局 県立病院 事務作業 看護補助 新潟労働局 緊急雇用対策新潟本部 泉田裕彦知事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。