スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用保険料率下げ、年内に結論 労政審

雇用保険料率下げ、年内に結論 労政審

厚生労働省は11日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の雇用保険部会を1年ぶりに開き、失業者への給付のあり方の見直しや保険料率引き下げなどの論点を提示した。年末までに結論を出す。社会保障費の自然増圧縮の財源として浮上している雇用保険の国庫負担の削減については、労働側が強く反対した。失業給付を受けるには離職前2年間に保険料を1年以上払っていることが必要。倒産、解雇を理由とした離職なら、離職前1年間に6カ月以上が条件となる。ただ実際には雇用情勢の悪化で非正規社員を中心に雇い止めが増えており、雇用保険の適用対象から漏れ失業給付を得ていない。労働側から「非正規社員のセーフティーネットを拡充すべきだ」との声が相次いだ。

[引用元:日本経済新聞]

ハローワーク岐阜の求人情報 ハローワーク多治見の求人情報 岐阜県職業案内 ハローワーク大垣の求人情報 ハローワーク揖斐の求人情報
スポンサーサイト

テーマ : 人事・雇用制度 - ジャンル : 就職・お仕事

tag : 雇用保険料率下 厚生労働省 労働政策審議会 諮問機関 雇用保険部会 保険料率引 社会保障費 自然増圧縮 国庫負担 失業給付

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。