FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「非正規」1カ月で失職4万人

「非正規」1カ月で失職4万人

景気の悪化に伴う非正規労働者の「雇い止め」など雇用調整や、今年3月卒業予定者の採用内定取り消しの動きが急速に拡大している。厚生労働省が30日まとめた調査によると、非正規労働者の雇用調整は昨年10月から今年3月までの実施予定を含め、12万4802人に達した。一方、高校、大学などの卒業予定者の内定取り消し人数は1000人を突破。深刻な雇用情勢を改めて浮き彫りにした。急速に悪化する景気を反映し、非正規労働者の雇用調整は8万5012人としていた前回12月調査に比べ、わずか1カ月で約4万人も増加した。非正規労働者の雇用調整に踏み切った事業所は前回調査より約580も増え、1806事業所に達した。このうち、派遣労働者は8万5743人に上り、約半数にあたる4万2716人が契約を中途解除された。期間工などの契約労働者の雇用調整も2万3247人に上った。調査は、全国の労働局やハローワークが、事業所などに任意の聞き取り調査を実施して集計した数値。厚労省は「すべての離職事例や、詳細を把握したものではない」としている。業界団体では「40万人が失職する」と試算しており、さらに拡大する可能性が強まっている。一方、今春卒業予定者の内定取り消しは23日現在で、271事業所で1215人。前回12月調査から1カ月あまりで446人も増加した。事業所の数も99件も増えており、採用を打ち切る動きが急速に広がっている。大学、短期大学、専修学校などの学生の内定取り消しは244事業所で1009人(前回155事業所632人)、高校生は77事業所で206人(同47事業所137人)に上った。産業別で最も多かったのは不動産業で282人(前回197人)。次いで製造業が274人(同187人)、情報通信業が132人(同86人)だった。内定取り消しは幅広い業種に及び、建設業は112人と、前回調査よりも約2.5倍も増えたほか、前回調査で2人しかいなかった金融・保険業で20人、7人だった運輸業で14人の内定取り消しが確認された。取り消しの理由では、民事再生法の適用を含む企業倒産が43事業所、経営の悪化が218事業所あった。

[引用元:Yahoo[経済総合(フジサンケイ ビジネスアイ)]]

ハローワーク宮之城の求人情報 
ハローワーク指宿の求人情報 
鹿児島県職業案内 
ハローワーク天文館の求人情報
スポンサーサイト

テーマ : 仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

tag : ビジネスアイ景気 非正規労働者 雇用調整 月卒業予定者 採用内定取 厚生労働省 実施予定 雇用情勢 前回調査 派遣労働者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。