スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット販売規制 医薬品業者反発

ネット販売規制 医薬品業者反発


厚生労働省は6日、6月の改正薬事法施行に合わせ、風邪薬や胃腸薬などの一般医薬品(大衆薬)のインターネット販売を規制する省令を公布した。6月からは大半の大衆薬が買えなくなる。省令は、新しい資格を設けて、風邪薬や胃腸薬などの販売をコンビニエンスストアなどにも認める一方、ネット上での販売は副作用リスクが低いとされるビタミン剤やサプリメント(栄養補助食品)などに限る。ネットでの販売規制をめぐっては政府の規制改革会議や業者が消費者の利便性を損なうとして反発していた。ヤフーと楽天のサイト上では規制に反対する約30万人分の署名が集まった。販売事業者団体やヤフー、楽天などは同日、「通信販売が2009年6月以降も継続可能となるよう省令を再改正すべきだ」とする共同声明を発表した。舛添要一厚労相も、規制の影響などを話し合う検討会を設置したことを明らかにした。省令は、大衆薬を副作用リスクに応じて第1~3類に分類。風邪薬など大半が含まれる「第2類」は、薬剤師でなくても新資格の登録販売者がいれば、コンビニなどでも販売できるようになる。逆に、ネットでは、リスクの低い「第3類」に限り、届け出制で認める

[引用元:Yahoo[産業(フジサンケイ ビジネスアイ)]]

宿便 サプリ

痔 かゆい 
痔 出血 
痔 座布団 
きれ 痔
スポンサーサイト

テーマ : ダイエットサプリとくとく情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ネット販売規制 医薬品業者反発 ビジネスアイ厚生労働省 改正薬事法施行 一般医薬品 インターネット販売 コンビニエンスストア ネット上 副作用リスク ビタミン剤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。